| main | 開催場所について☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
そら祭り宮崎☆
そら祭りは、昨年、兵庫県の 播磨中央公園にて、

音楽を通して、土地の大切さを知り
自然・人・場所・そらがつながるをテーマに
全ての人々が、生活のために必要な『場所』の大切さを再確認できる祭り

として、開催されました!!

「宮崎の町を元気にしたい!!」

もっと宮崎の素晴らしさに気づけるにはどうしたらいいか、
大好きなことを忘れないために、何かできることはないか、
そんな思いが膨らんでいたところ、
そら祭りと出会い繋がることができました。

そら祭り宮崎☆は、お祭りを行うことで、
地域全体で「町を元気に戻す」意識へのきっかけを与えること、
何よりお祭りそのものを楽しみ、
その場所を改めて大好きになることを目的としています。
宮崎の人だけでなく、そら祭りを通して、
いろんな場所と繋がることで、たくさんの人に宮崎の良さを伝えていく、
みんなで宮崎を大好きになっていけたらと思います!
そして、
みんなで「やっぱりここが好きやっちゃが!」
なんて言えたら最高です☆Ξ

そら祭り宮崎実行委員会


-----------------------------------------------------------------

よつばのクローバーメッセージよつばのクローバー

今、大切な「場所」がどんどん失われていく現実があります。
私達の住む場所は、生活のために必要な場所。
その居場所は、生きるために必要なものだから守っていかなければならないし、その場所の大切さを再確認しなければいけないと思います。


まだまだこの日本には、自然が残り景観も素晴らしい場所が沢山あります。
その「場所」を知って、自分達の住むところの大切さの再確認や、こんなに素敵な場所があったんだという発見があれば、「場所」を守る意識が生まれるし、さらに自分の生活も豊かになるのではないでしょうか。

私は各地の演奏活動を通して、大好きで素敵な「場所」と、そこに集まる「人たち」とたくさん出会いました。
その「場所」を少しでも多くの人たちに知ってもらいたい、という気持ちが常に表現の中にあらわれ、その見て感じてきた「場所」をそのまま「見てもらっている」、「出会ってもらっている」という感覚が生まれるようになりました。

そして、それを表現だけでなく「場所」を意識したときに、そのたくさんの「場所」のおかげで自分の心も考えも豊かになると考えるようになりました。
ただ知ってもらうんじゃない・・・、「自分や地球にとって大切な場所は・・・」と気づいてもらいたいのです。

さらに、その場所を伝えていきたいと思っています。
良い場所はもちろん、環境破壊が起こっている土地があったり、飢餓で苦しむ人々がいる国があったりと様々です。
そこには人々にとって大切な生きる場所があります。
それを知ることで、問題を解決する意識も生まれるんじゃないでしょうか?
そんな大切な「場所」を意識していきたいと僕は思い、それに気づくきっかけを作りたいと思います。

その気づきが、場所と場所、人と人、自然と自然、たくさんのモノをつなげてくれると思います。
「交流することで人や場所が豊かになる」=「音楽や表現を通して、場所に人が気づき、豊かになるきっかけを知る」。

そらを見上げて何かを考えるとき、そこは自分にとって大切な「場所」となる。
どこにいても人や自然、空はつながっている。
好きな「場所」で、好きな「人達」と、自然の中で『祭り』を楽しんで、一緒につくり上げていくことで大切な「場所」が残されていく。

音楽を通して「場所」を意識することで、環境(人と自然)への活動にもつながっていく・・・それは、素敵なことではないでしょうか?
そらを見上げてこの「場所」で一緒につながるきっかけをつくりましょう!!

-SORA代表 丸山茂樹-

-----------------------------------------------------------------------
カテゴリ:そら祭りについて | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 19:07 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sora-miyazaki.jugem.jp/trackback/1
トラックバック